地盤の表層改良(サンライム工法)を行っています。
地盤の土とセメント系固化材(画面上の白い袋)を混合攪拌し、固化させ、地盤の耐力を増し、不同沈下を防ぐ工法です。

割栗石等を敷き詰め、十分突き固めます(天圧)。その後に床下地面全面に防湿シートを敷き詰めています。
右2枚は配筋工事の様子です。スペーサーブロック(四角いブロック)を置いて、鉄筋を浮かせています。

配筋が完成しましたので、コンクリ打設をする為に仮枠を組みます。給排水の配管箇所には、塩ビのパイプを立ち上げています。

性能保証住宅機構による基礎配筋検査に合格しましたので、その後コンクリ打設しました。右2枚は、立ち上がり部分の仮枠を組んだ様子です。

基礎立ち上がり部分にコンクリ打設し十分に乾いた後、仮枠が外されました。ホールダウン金物(基礎と柱をつなぐ金物)がきれいに中心にはまっています。現在、宅内の給排水配管を施工しています。

   
基礎と土台の間に見えるのが基礎パッキン(右端の写真)です。基礎と土台の間に、一定の間隔で基礎パッキンを挟み込む全周換気工法で床下の通気性を確保します。束(つか)は耐久性に優れ、高さ調節可能なプラ束を使用しています。

土台は白蟻防除工事済みです。白蟻発生を誘発する大きな原因となりますので、基礎内側の木クズ等のゴミをきれいに取り除いた後、床を貼って行きます。

 
本日は、上棟です。クレーン車で材木を2階部分へと吊り上げています。数人の大工が棟梁の指示により、一日で建て上げます。